広告

ユダヤの商法 藤田 田 あらすじ

この記事は約3分で読めます。

藤田田さんは日本マクドナルドの創業者で商売上手なユダヤ人とたくさんビジネスをしてました。ユダヤ人が一体どのような考え方やノウハウでビジネスをしていたのかがまとめられていてます。実はユダヤ人で有名な人がたくさんいます。例えばピカソ、べートーベン、アインシュタイン、イエスキリストなどそうそうたる人たちがユダヤ人なんです。

まずは78対22の法則です。例えば空気中の窒素は78%に対して酸素は22%です。また人間の水分は78%でその他の物質が22%の割合でできています。つまりこれは人間が決めたわけではない宇宙の法則だと述べられているんです。この法則をユダヤ人は昔から知っていて、それを商売にも成り立たせていて、例えば一般大衆に比べてお金持ちは数が少ないんですが実はお金持ちが持っているお金のほうが一般大衆が持っているお金の合計より多いんです。一般大衆が持っているお金を22%とすればわずか数十万人の金持ちが持ってるのが78%のお金を持ってるということなんです。ということは、お金持ちを相手に商売をした方が儲かるってことをユダヤ人は言っています。
例を一つあげると、藤田田さんがお歳暮シーズンにデパートの一角でダイヤモンド販売しました。しかしデパート側はお歳暮シーズンにダイヤなんて売れないと言いましたが、実際に販売してみると1日で5000万円の売り上げを達成しました。藤田田さんは国産車のブルーバードとかセドリックとかそういったちょっとした贅沢品というコンセプトで販売しました。つまりなんとか手が届くという高級品という見方をしました。それが大成功の秘訣だったのです。ちょっとしたお金持ちなら必ず欲しがって、しかも現実的に手に入るものというコンセプトが良かったのです。

次は口を狙えというお話です。藤田田さんはマクドナルドを日本で創業した方ですが、この法則をきっちり守っていました。口を狙うというのは食品を扱う仕事のことで、食品会社から飲食店まで全ての食品扱う会社のことを述べています。藤田田さんの考え方は人は食べたら数時間後には消化してまた次の食品が必要になる。だから売られた商品がその日のうちにまた廃棄され、また次の商品が必要になる業種なんて他にはないと述べています。商品の循環が速い部分に着目してビジネスをするっていう意味ではとても今に繋がるはずだと感じました。また藤田田さんはマクドナルド創業した理由の中に戦後アメリカに負けた日本人を強くしようという思いがあってマクドナルドを始めたそうです。
アメリカ人は肉を食べてるから体も手も大きく体力もあります。だから日本人ももっと肉を食べてアメリカ人に負けない体にするんだっていう思いがあったそうです。これは戦後の敗戦国だから負けるもんかっていう意思がとてもあったんでしょう。

最後は金持ちから流行させるという話です。流行には二つあってお金持ちの間で流行り出すのと、大衆の中から起こってくる流行です。前者は長くて後者はブームが去るとあっという間に売れなくなります。藤田田さんは高級な海外のものを日本人は好むと言っており、人が憧れる心理を利用するとも述べています。というのも人は誰でも一つ上のクラスを見てそんな生活をしたいと考えます。そこでまず超大金持ちの間で流行させて次にその下のクラスの金持ちに流行させる。これを繰り返して最終的に一般大衆のところまで来るのに約2年かかると言われています。一般大衆に届いた時には価格も安くなっているのでその時にはすでに手を引いているのが理想と言っています。お金持ち相手の商売では支払いがいいです。以上でユダヤの商法の説明です。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました