広告

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え エリック・シュミット 要約、あらすじ

この記事は約8分で読めます。

アメフトのコーチ出身でありながら優秀なプロ経営者。ジョブズの師であると同時に Google 創業者たちをゼロから育て上げたコーチ。アマゾンのベゾスを救い Twitter 、YouTube CEO らお鍛え、たった一人でシリコンバレー中の企業に空前の成功をもたらした伝説のリーダー、ビル・キャンベル。これまで謎に包まれてきたその驚くべき教えのすべてが描かれています。

ビル・キャンベルはアメリカンフットボールのコーチから転身してセールスの仕事をするようになった。彼はスティーブ・ジョブズと散歩する仲で、Google創業者達にも慕われている。学生時代は身体能力の不足を努力でカバーし、好成績を修めた。その後コーチを経験したが選手を大切にする性格はチームの成績には繋がらなかった。フットボールのコーチは「冷徹さ」で決まるのです。フットボールのコーチでは芽がでなかったビルですが、その後、昔のフットボール仲間からビジネス界に誘いがありそこで「思いやり」のあるビルのコーチングは頭角を現した。彼のコーチング理念である心理的安全性、明瞭さ、意味、信頼関係、影響力はビジネス界のリーダーに多大な影響を与えた。それまでのビジネス界のリーダーは人材育成の考え方は型にはまったものだったが、ビルは「一人ひとりの考え方や背景の違い」を理解したものでした。

それからGoogle CEO達へコーチングすることになった。述べ15年間にビルの助言はGoogle全体に深い影響を及ぼした。といっても「やるべきこと」を指図したわけではなく、チームのコミュニケーションが取れているか、緊張や対立が明るみに出されて話し合われているかに気を配った。Googleの成功の影には彼の功績は計り知れない。なのでタイトルにもある1兆ドルの資産に値するコーチとなった。
彼のコーチングは素早く動いて斬新な新しい機能やプロダクト、サービスを生み出し続けられるかどうかで成功が決まる、今日のビジネス界に何より必要なものです。

企業が成功するには素晴らしいプロダクトを生み出し続ける必要があり、専門性、ビジネススキル、想像力を兼ね備えた人材(スマートクリエイティブ)が欠かせないが、これだけでは成功にたどり着けない。もう一つ必要なのは様々な利害をまとめ、会社のためになることに個人としても集団としても全力で取り組む「コミュニティ」として機能するチームです。テクノロジーがあらゆる業界、消費者生活の隅々にまで浸透し、スピードとイノベーションがカギとなるこな時代、成功を収めるには企業文化にチームコーチングを組み込むことが必須です。といっても各部署にコーチを雇うわけにもいかないのでマネージャーやリーダーがコーチングを学ばなければならない。

ビルのコーチングの4項目
・スタッフとのミーティングや従業員のマネジメントスキルをどうやって細部にまで実践するか。
・どうやって信頼関係を築くか
・どうやってチームを構築するか
・どうやって職場に愛を持ち込むか

2001年創業3周年を迎えたGoogle。アップルから入社したウェインはマネージャーを置く必要はない、と注文した。しかしビルの方針はマネージャーを置くべきだと主張して意見が分かれた。そこでビルとGoogleの創業者ラリーとセルゲイは現場のエンジニアに直接マネージャーは必要か?と聞いたら皆、必要だと答えた。ビルの言う通りだった。しかし実際にはどちらの手法もメリットがあることが学術的に示されています。大事なのは結果を出すことであり、そのためには現場の士気を上げ、環境を整えてマネジメントすることが必要なのです。そしてチーム育成、スタッフミーティング、意見交換はできてるか?、会社運営はしっかりしているかに気を配った。

ビルは人がすべてと主張する
どんな会社を支えるのも人です。マネージャーは部下が全力で実力を発揮するよう支援、敬意、信頼を通じて手を貸すことです。

ビルの考えは他の分野でも通用する。会社のCEOは自分のために働いてくれている社員のことを彼らは何を考え、何を感じているのか、彼らを手助けするにはどうしたらいいか、常に頭に入れておくべきだ。CEOの立場なら今まで以上に人に賭けるのです。アメリカンフットボールのコーチは選手がもっと力を出せるにはどうしたらいいかなど、普通ならば他人をよくする方法を考えるのに時間をかけたりはしないが、ビルの教えはそれをやる。常に考えるのは部下のしあわせと成功なのです。

ビルは細かいことにも気を配る。ミーティングにしても始まる前に軽く近況報告を聞いたり一見仕事とは関係ないことでも、じつはビルが長年かけて編み出したコミュニケーション法なのです。目的は一人の人間として接すること。こういった楽しい職場環境作りが高いパフォーマンスと相関していることがわかっています。お互い関わり方が変化し、共感力が高まるのです。いきなり重要な問題から始まればギスギスして、チームがうまく機能しているのか、まとまっているのかわからないのです。コミュニケーションが会社の運命を握っているといっても過言ではないのです。そして人間関係構築は自然に出来上がることもあるが、重要すぎて成り行きに任せてはいられないので、あらゆる機会にペアを組ませて
信頼関係を築かせた。

議論になるとリーダーのスタンスは重要です。リーダーが答えを知っていたとしてもチーム皆んなで力を合わせて答えにたどり着くのにプロセスを学ばせチームワークを構築させるのです。リーダーは最後に話すのです。しかし最適解に辿りつかない場合はリーダーは決定を促すか、自ら決定を下さなくてはならない。リーダーは議論に決着をつけて、部下をよりよい人間に育てることです。目先に横たわっている問題に目が行きがちですが、問題解決よりもチームビルディングが最優先事項なのです。

アメリカの最先端の企業は人材に特に力を注ぐ。その点はビルも同じで本当にずば抜けた人材で周りを固めるのです。ビルは4つの資質を求めました。
知性、勤勉、やり抜く力、類推力です。この資質があると思える人には少々の欠点にも目をつぶった。そしてその人が何を成し遂げたかではなく、どうやって成し遂げたかに重きを置いた。アメリカ企業では一般的に「何をやったか」の過去の実績は重要視しない考えです。そして自分の成功が他人との協力関係にかかっていることを理解できている人、会社を第一に考えている人材を求めた。

女性の感情を読む能力を重要視し、積極的に女性の人材獲得を進めた。最高のチームには女性が多いのです。

ビルは勇気を重んじた。リスクを取り、ガッツがあり、チームの為なら臆さずに意見が言える人に魅力を感じた。この手の人材は疎まれがちだが育て甲斐があるのです。スキルとマインドセットを見ればどういう人材に育つか予測できました。これがコーチの才能なのです。コーチとは与えられるポジションではなく自らの行動を通してリーダーの座を勝ち取るのです。

チーム内に政治的な雰囲気が漂い、誰もがなるべく話題にださないようになり、あらゆることに影を落としているのに見て見ぬ振りをする、そんな状況ではいい成果は期待できない。そんなときは解決されない根源的な対立、問題を探し当て、表に引っ張りだして解決することです。心理学者はこの手法を「問題中心型対処法」と呼ぶ。解決が困難な問題に取り組むのに有効で、ビジネスでは早急にエネルギーを注ぐ必要があります。それでもチームをリスクに晒すメンバーはその人の尊厳を傷つけず排除することです。

ポジティブなリーダーシップは問題解決を促すことが研究でわかっています。チームやメンバーを褒めて、肩を叩いて自信を持たせ、安心させる。そうするとどんなに厳しくても自分達の成長や成功をねがっているからそこ𠮟咤するのだと理解するのです。

「勝つ」にしても正しく「勝つ」不誠実を許さず倫理的に正しく勝利することが大事です。

組織内の小さなヒビに気づくことがリーダーの役目です。耳を傾けて、目を凝らして、理解やコミュニケーションのギャップを埋めるのです。この能力は意識すれば身につけることができます。そのためには全員の様子を俯瞰するのです。そして普段から、何気ない「声かけ」が大きな効果を持ちます。

苦しい時こそリーダーは先陣に立つのです。苦境の時に誠意、献身、決断力を保つのは難しいですが、大義に改めて向き合うのです。

ビルの教えの真髄はチームファーストです。個人の利益よりチームの利益を優先させる覚悟をもたなくてはならないです。こうした熱意があればこそチームは偉業を成し遂げることができるのです。

心からの愛情を持つことが大事です。ビルは口は上手くなく悪態スタイルだが、ビルの教えが受け入れられ愛されたのは彼の行動全てが心からの愛情からでたものだったからです。温かさと有能さの間には互いを打ち消しあう相殺効果がある。一般に温かい人は能力が低く、冷たい人は能力が高い傾向にあります。ビルはこれには当てはまらない頭脳明晰で温かいハートを併せ持つ稀有な存在でした。

ビルが示したような「慈愛」に満ちた企業は従業員満足度とチームワークが高く、欠勤率が低く、チームの成績が高いことが示されている。

チームメイトは人間であり、愛を持って丸ごとの存在を受け止める時、チーム全体は強くなります。

同僚の家族にも興味を持ち、組織がチームメイトを大切にしていることを家族にも理解してもらうことも大切です。日本のプロ野球の強いチームの監督はチームメイトの奥様の誕生日にも花束を送り、裏方さんの気遣いも欠かしません。仕事でも仕事以外でもコミュニティを作り、人々が絆で結ばれる時、チームはずっと強くなれるのです。

人に親切にする、人を助ける。自らの負担より他人を助けることのメリットが上回るかどうかを意識して、時間や人脈などの資源を人のために惜しみなく使うのです。はじめは何からやっていいかわからない人もいるかもしれないが、エレベーターに乗った時や廊下で誰かとすれ違った時など何気ない雑談を積み重ねると偉大な力になって帰ってきます。

まとめ

ビルが人々にかけていた愛情とリーダーが一般に企業社会で求められる堅苦しい規範に囚われずに部下に思いやをしめすことの重要性がわかります。とこと人に拘る、会社を成功に導くには人を大切にすることが大事だと学べます。不器用でも心から訴えかければ想いは伝わるということがビルが示しています。ビルが重要視したコミュニティは有能で野心的な人たちの間には自然に生まれないためコーチの役割を担う人の介在は欠かせません。個性の集団をまとめあげるためにもビルの愛情を持ったコーチングはすべてのリーダーに役に立ちます。ビルの葬儀に沢山の著名人が参列したのもビルの人柄が素晴らしいことを物語っています。

著者 エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグル 以上Google最高幹部

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました