広告

嫌われる勇気 岸見一郎 古賀史健 要約

この記事は約9分で読めます。

はじめに

フロイト、ユングと並び心理学の三大巨頭と称されるアルフレッド・アドラーの思想を一冊に凝縮しています。悩みを消し去り、幸福に生きるための具体的な処方箋がこの本には全て書かれています。アドラー心理学とは他者を変えるための心理学ではなく、自分が変わるための心理学です。

人は誰しも客観的な世界に住んでいるのでなく自らが意味づけを施した主観的な世界に住んでいます。人の見方によって物事の見え方が違ってくるので固定観念を変える勇気を持つことで人は誰しも幸福になることができます。

第一夜 トラウマを否定せよ

アドラー心理学では人は「目的」のために「原因」を作り出していると考えます。「過去に〜を経験したからこうなった」という原因論、いわゆるトラウマを否定します。よって過去に支配されない生き方を勧めます。そのためには原因論で考えるのでなく目的論で考えるように変えなければなりません。

変わることの第一歩は知ることです。それは他者から教えてもらうものではなく、自分で導き出していく必要があります。他者から与えられたものは所詮対処療法でしかなく自分の身になりません。我々は「わたし」という容れ物を捨てることも交換することも出来ない。大切なのは何が与えられたのかよりも、与えられたものをどう使うかです。

人の性格や気質は常に「変わらない」という決心をしています。アドラー心理学では性格、気質のことをライフスタイルと表現します。その人が世界や自分をどう見ているか、これらの意味づけのあり方を集約させた世界観です。

性格というと変えられないものだと考えられています。しかし世界観なら変えることも可能でしょう。

アドラー心理学ではライフスタイル(性格、気質)は10歳前後に自ら選んだものと考えます。自ら選んだものであるなら再び自分で選び直すことも可能なはずです。なのに自分は常に変わらないという決心をしているから変われないのです。それは、今のライフスタイルのほうが使いやすく、楽で安心だと思っているからです。

ライフスタイルを変えるには勇気が必要なのです。いうなれば幸せになる勇気が足りていないのです。だから不幸なのです。

変わりたいと思っていても「もし〜だったら」と可能性の中に生きているうちは、変わることはできません。

一番最初にやることは今のライフスタイルをやめるという決心です。

自分の人生を決めるのは「いま、ここ」に生きるあなたなのです。

第二夜 全ての悩みは対人関係

なぜ自分のことが嫌いなのか?

それは、「言い訳」という殻にこもって、「もし~が無かったら私だって」と、可能性の中に生きることが出来る。

自分への言い訳として自分の事を嫌いになっているのです。

アドラーは断言します。「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」宇宙の中にただ一人で生きることが出来れば、悩みはなくなる。個人だけで完結する悩み、いわゆる内面の悩みなどというものは存在しません。どんな種類の悩みでも、そこには必ず他社の影が介在しています。

劣等感という言葉を使ったのはアドラーが最初です。

我々を苦しめる劣等感は他者との比較、つまりは対人関係です。

まとめると、「客観的な事実」ではなく、「主観的な解釈」(勝手な思い込み)なのです。

ということは「主観的な解釈」は自分で選択可能だということです。

劣等感の対をなす言葉は「優越性の追求」です。向上したいと願うこと、理想な状態を追求することです。

アドラーは「優越性の追求も劣等感も健康で正常な努力と成長への刺激となる」と語っています。

劣等感がある状態は現在何かしらの欠如を感じているのでその欠如した部分をどう埋めるか。健全な劣等感は他者との比較から生まれるのではなく、「理想の自分」との比較から生まれるものです。健全な姿は埋める努力を考えます。しかし不健全な姿は「だからできない」と考えます。

不健全な姿が特殊な心理状態に発展していきます。それは例えば権威者と知り合いだとか、ブランド信仰など、あたかも自分が優れているかのように振る舞う、偽りの優越感に浸るのです。

権威の力を借りて自らを大きく見せている人は他者の価値観に生きているのです。例えば自分の手柄を自慢する人、過去の栄光にすがる人など。

自慢は劣等感の裏返しなのです。

特異な優越感の例は不幸自慢です。不幸であることによって特別であろうとする。弱さを武器にしています。

世の中で誰が一番強いか?

赤ん坊です。

その弱さによって大人たちを支配しています。

弱さを武器として使っている限り、その人は永遠に弱さから抜け出すことはできません。

対人関係の軸に「競争」があると、人は対人関係の悩みから逃げられず、不幸から逃れることができません。競争の先には勝者と敗者がいるからです。

人から面と向かって人格攻撃された場合、いち早く争いから降りる。相手の挑発に絶対に乗ってはいけません。怒りという道具に頼ってはいけません。怒り以外の有効なコミュニケーションツール(論理の言葉)を使いましょう。争いから降りることは「負け」ではありません。

競争や勝ち負けで物事を見ないようにすると、自分を正し、変えていくことができます。

アドラーが掲げる人生の課題

・行動面での目標

自立すること

社会と調和して暮らせること

・心理面での目標

私には能力がある、という意識

人々はわたしの仲間である、という意識

これらの目標は、対人関係を軸とした仕事のタスク、交友のタスク、愛のタスクと向き合うことで達成できます。

第三夜 他者の課題を切り捨てる

アドラー心理学では、他者から承認を求めることを否定します。

他者の期待など満たす必要はありません。他者からの評価を気にしていると、他者の人生を生きることになります。

なら傍若無人に振る舞ってもいいのか?

良くはないですが、「課題の分離」を考えるのです。

他者の課題を切り捨てなさい。他者の課題を背負い込むことは自分の人生を苦しいものにします。そして自分の課題には誰一人として介入させない。

これが対人関係の悩みを解決する方法です。

多くの人は対人関係のカードは他者が握っていると思っています。だからこそ他人がどう思っているか気になるし、他者の希望を満たすような生き方をしてしまう。でも、課題の分離が理解できれば、すべてのカードは自分が握っていることに気がつくでしょう。

他者の評価を気にせず、他者から嫌われることを恐れず、承認欲求を振り払わない限り、自分の生き方を貫くことはできません。

結論、自由とは他者から嫌われることです。

第四夜 世界の中心はどこにあるか

自己中心的な人は課題の分離ができていなくて、承認欲求に囚われています。

他者の視線を気にしている、他者をみているようでいて、実際には自分のことしか見ていない、自己への執着に他なりません。

自分にしか関心を持たない人は自分が世界の中心にいると考えてしまいます。世界地図で中心を考えるのでなく、地球儀で自分を考えると、それは中心でなく一部なのです。

人はみな所属感を求めています。アドラー心理学では所属感は共同体に対して自らが積極的にコミットすることによって得られるものだと考えます。それは「私はこの人に何を与えられるか?」を考えなければなりません。

アドラー心理学では人間関係を「縦」でなく「横」で考えます。同じでないけど対等です。そもそも劣等感とは縦の関係から生じる意識です。

そこで人は何故介入してしまうのか?そこには縦で考えるからこそ介入してしまうのです。では横で考えると介入ではなく援助の考えを持つことです。

援助とは褒めるでもなく、叱るでもなく、自力での解決を援助します。このことをアドラー心理学で「勇気づけ」と呼びます。

どうすれば勇気を持つことができるか?

それは、「人は自分には価値があると思えたときだけ勇気を持てます。」私は誰かの役に立っていると思えること。そのときに共同体感覚(他者を仲間だとみなし、そこに自分の居場所があると感じられること)が得られるのです。

人は行為だけで価値が測られるのでなく、存在しているだけで誰かの役に立っているし、価値があります。

第五夜 「いま、ここ」を真剣に生きる

共同体感覚を持てるようになるには自己受容、他者信頼、他者貢献の3つが必要です。

自己受容とは今の自分をありのままに受け入れ、できるようになるべく前に進んでいくことです。交換不能なものを受け入れ、変えられるものについては変えていく勇気を持つこと。

これは「肯定的なあきらめ」です。

「あきらめ」は悲観的な響きですが元来「明らかに見る」という意味です。

他者信頼、信用と信頼の意味の違いは信用は条件付き、信頼はいっさいの条件をつけないことです。無条件の信頼とは対人関係を良くするため、横の関係を築いていくための手段です。信頼することを恐れていたら、誰とも深い関係を築くことはできないです。

他者貢献、「わたし」を捨てて誰かに尽くすことではなく、むしろ「わたし」の価値を実感するためにこそ、なされるものなのです。

以上の3つは一つとして欠かすことができない円環構造です。ありのままを受け入れる(自己受容)するからこそ裏切りを恐ることなく(他者信頼)することができる。そして他者に無条件の信頼を寄せて、人々は自分の仲間だと思えているからこそ(他者貢献)することができる。他者に貢献するからこそ、わたしは誰かの役に立っていると実感し、ありのままの自分を受け入れることができるのです。(自己受容)

アドラー心理学の「人生の調和を欠いた生き方」とは、10人の人がいます。1人はあなたを批判する人、2人は親友、残り7人はどちらでもない人とすると、嫌いな1人だけを見て「世界」を判断することです。

ワーカホリックも人生の調和を欠いた生き方です。「仕事が忙しいから家庭を顧みることが出来ない」は仕事を口実に他の責任を回避しています。仕事とは会社で働くことだけではなく、家庭での仕事、子育て、地域社会への貢献、などあらゆることが仕事です。会社は全体の一部です。

人はどうやって幸福になるか?

私は誰かの役に立っているという貢献感を持った時です。ただし、承認欲求を通じて得られた貢献感でなく自由あってこそです。

人生とは点の連続です。線のように映る生は点の連続なのです。今という刹那の連続です。我々は「いま、ここ」にしか生きることが出来ないです。

だから人生の計画というのは不可能なのです。

では人生の意味とは?

一般的な人生の意味はない。

しかし人生に意味を与えることはできる。

人生に意味を与えることが出来るのは他ならぬ自分自身だけなのです。

その道しるべとなるもの、それさえ見失わなければ人生に迷うことはないのが

他者貢献です。

他者貢献により、常に幸福にあるのです。

世界とは他の誰かが変えてくれるものではなく、ただ「わたし」によってしか変わりえないのです。

結論、わたしが変わることによって世界が変わる。

まとめ

本書は人生とは何かを明確に学ぶことが出来ます。哲人と青年との会話形式で話は展開され、人生の疑問がことごとく明らかになるので読書しながら痛快に読み進めることが出来ます。哲人の圧倒的な説得力に目から鱗が落ちます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました