広告

2020-05

ビジネス書

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」安宅和人 要約

はじめに 圧倒的に生産性の高い人に共通することは、目的地となるイシューを見分けること。目的地が見えないと、活動が辛くなる。行き先が見えれば力が湧く。 このイシューが知的生産において、どんな役割を果たし、どのように役立つのか、イ...
新書

続・悩む力 姜尚中 要約

はじめに 前作「悩む力」から4年経ち、世の中は未だに貧困、格差、空虚感、孤独、絶望感が蔓延し、潤いのない社会が広がっています。それを打開すべく、著者は本書を綴りました。 序章 「幸福論」の終わり 現在は、いつ非常事態が起...
ビジネス書

これからの世界をつくる仲間たちへ 落合陽一 要約

プロローグ「魔法をかける人」になるか、「魔法をかけられる人」になるか テクノロジーが進化していくによってコンピュータを使いこなしていける人と、いけない人の格差は益々広がっていく。コンピュータを扱える能力というのは特別ではなく、教養と...
ビジネス書

死ぬこと以外かすり傷 箕輪厚介 要約

はじめに 著者は幻冬舎編集者で数々の書籍を編集したり、オンラインサロンを主催したり、既存の編集者の枠を超え、様々なコンテンツをプロデュースしている経験から、閉塞感のある世の中をブチ抜いて、ポジティブに未来に向かって生きていくことがい...
未分類

無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 ひろゆき 要約

はじめに 考え方で人は「幸せ=無敵」になれる 著者の考えは、世界にはシステムがあって、そのシステムの下でロジックに従って人や物事が動いていく。つまり、論理的に考えて、その通りにすれば自然と幸せに生きることができる、ということで...
ビジネス書

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015知的人生設計のすすめ 橘玲 要約

はじめに 本書はロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」のベストセラーを受けて30万ものベストセラーになりました。「金持ち父さん」の方はアメリカの法人を前提としていますが、「黄金の羽根」は著者が「金持ち父さん」の疑問を踏まえて...
新書

悩む力 姜尚中 要約

はじめに 現代はグローバリゼーションで経済、思想、文化、娯楽が拡大していますが一方では殺伐とした社会の面もあり、自殺者も少なくないです。 「悩む人間」は運の悪い不幸な人間なのでしょうか。本書は「悩む力」にこそ、生きる意味への意...
新書

サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ 下條信輔 要約

はじめに 人は自分で考えているほど、自分の心の動きを分かっていない。自覚がないまま意思決定をし、自分のとった行動の本当の理由には気づかないでいる。自分でも気づかない無意識的な心の働きに強く依存している。人間科学の研究が進むにつれ、認...
新書

武器としての決断思考 瀧本哲史 要約

はじめに 本書は著者が京都大学で学生に教えている「意思決定の授業」をまとめたものです。今後、安定や出世コースなど存在しないカオスの時代を生きていく若い世代に一番必要なのは、意思決定の方法を身につけることです。自分の人生は自分で考えて...
新書

日本の総理学 中曽根康弘 要約

はじめに 戦後政治の現場をつぶさに見てきた稀代の政治家、中曽根康弘が国を憂い、真に自立した国家のヴィジョンを語ります。政治、人生観、宇宙観まで中曽根哲学の真髄が分かります。 まえがき 戦前の政治と最近の政治状況は奇妙に符...
タイトルとURLをコピーしました