広告

「原因」と「結果」の法則 ジェームズ・アレン 

本書は1902年に書かれた100年以上も着実に売れ続けている驚異のロングセラーで、彼の代表作です。

幸福になるには時代に左右されない確かな真理があります。

日本でもおすすめの自己啓発書にもよく見られる位、多くの人に影響を与えています。そして現代成功哲学の祖であるナポレオン・ヒル、デール・カーネギーら無数の人々に影響を与えてきました。

人生に迷った時に明るく照らしてくれ、「自分こそが自分の人生の創り手である」という真実に気づくのを促してくれます。

私たちの人生は変えることのできないある確かな法則に従って創られていて、人生には偶然という要素は存在しなく、そこには原因による結果が必ずあります。

心の中の思いが私たちを創っているので、清い思いをめぐらしていると喜びが影のように付き纏ってきます。

心は、それ自身が密かに抱いているものを引き寄せます。「病は気から」というように心の持ちようで病気にも健康にもなります。

もし成功をめざすならば、自分の欲望のかなりの部分を犠牲にして努力する必要があります。成功者の光の部分の裏側には血の滲むような努力があります。

稲盛和夫氏のベストセラー「生き方」にも共通する、絶対的な真理は、いたってシンプルでありそれでいて皆んな分かっているけど実践するには難しいです。

本書の最後には人として幸福になるには、どういう心持ちであるべきかが述べられています。それは黄金よりも価値のあるものです。

100年以上も色褪せない、再読に耐えうる内容なので、年に数回読み返して心をリセットするように心掛けるべきで、この本を古本屋に売りに行くようなことはしてはいけない。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました