広告

guarneri

ビジネス書

死ぬこと以外かすり傷 箕輪厚介 要約

はじめに 著者は幻冬舎編集者で数々の書籍を編集したり、オンラインサロンを主催したり、既存の編集者の枠を超え、様々なコンテンツをプロデュースしている経験から、閉塞感のある世の中をブチ抜いて、ポジティブに未来に向かって生きていくことがい...
未分類

無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 ひろゆき 要約

はじめに 考え方で人は「幸せ=無敵」になれる 著者の考えは、世界にはシステムがあって、そのシステムの下でロジックに従って人や物事が動いていく。つまり、論理的に考えて、その通りにすれば自然と幸せに生きることができる、ということで...
ビジネス書

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015知的人生設計のすすめ 橘玲 要約

はじめに 本書はロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」のベストセラーを受けて30万ものベストセラーになりました。「金持ち父さん」の方はアメリカの法人を前提としていますが、「黄金の羽根」は著者が「金持ち父さん」の疑問を踏まえて...
新書

悩む力 姜尚中 要約

はじめに 現代はグローバリゼーションで経済、思想、文化、娯楽が拡大していますが一方では殺伐とした社会の面もあり、自殺者も少なくないです。 「悩む人間」は運の悪い不幸な人間なのでしょうか。本書は「悩む力」にこそ、生きる意味への意...
新書

サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ 下條信輔 要約

はじめに 人は自分で考えているほど、自分の心の動きを分かっていない。自覚がないまま意思決定をし、自分のとった行動の本当の理由には気づかないでいる。自分でも気づかない無意識的な心の働きに強く依存している。人間科学の研究が進むにつれ、認...
新書

武器としての決断思考 瀧本哲史 要約

はじめに 本書は著者が京都大学で学生に教えている「意思決定の授業」をまとめたものです。今後、安定や出世コースなど存在しないカオスの時代を生きていく若い世代に一番必要なのは、意思決定の方法を身につけることです。自分の人生は自分で考えて...
新書

日本の総理学 中曽根康弘 要約

はじめに 戦後政治の現場をつぶさに見てきた稀代の政治家、中曽根康弘が国を憂い、真に自立した国家のヴィジョンを語ります。政治、人生観、宇宙観まで中曽根哲学の真髄が分かります。 まえがき 戦前の政治と最近の政治状況は奇妙に符...
哲学

哲学の創造 21世紀の新しい人間観を求めて 梅原猛 福井謙一 要約

はじめに 本書は哲学者である梅原猛氏が「知の蔵」と称されるノーベル賞学者である福井謙一氏の内面を開けてみたいという好奇心から対談が実現した。新しい人間観を語り尽くしています。 第一章 科学への道と歴史への道 福井氏は化学...
未分類

イヤになるほど人の心が読める ヘンリック・フェキセウス 要約

第一章 読心術とは 現代になって身体と脳は生物学的にも精神的にも切り離せないものだということが生物学や心理学の面から証明されています。 人が何かを考えるときには必ずその人の身体に何かが起こる。身体に表れる変化をよく観察すれば、...
ビジネス書

仕事ができる社員、できない社員 吉越浩一郎 要約

はじめに 本書はトリンプ・インターナショナル・ジャパンという会社で19年間、経営者として見てきたできる社員とできない社員は何がちがうのか、ではどうすれば仕事ができる社員になれるのか、その方法を解説しています。 一章 こんな考え...
タイトルとURLをコピーしました