広告

ビジネス書

ビジネス書

ロジカル・シンキング 論理的な思考と構成のスキル 照屋華子・岡田恵子

海外の最先端の企業は生産性がずば抜けている。それに対してかつては日本は技術力により世界をリードした時もあったが今では効率の悪さから世界レベルの企業は姿を消した。 これからの時代、生産性を高めていかないと生き残っていくことはできない。...
ビジネス書

世界をダメにした10の経済学 ビョルン・ヴァフルロース 

「この人ケインズのこと嫌いなんやなぁ」と思うくらいケインズを批判しています。終わったかなぁと思ったら、また批判して、ピケティまで批判しています。万能の経済理論は存在しないのは当たり前で、時代によって変わっていくものです。200年あまりの歴...
ビジネス書

君に友だちはいらない 瀧本哲史 要約

はじめに 現在はグローバル資本主義の進展により優れた商品が日用品になった。それが商品だけでなく、あらゆる業界で競争が激化して人間の日用品(コモディティ)化が始まっている。今以上にグローバル化が進むのは止められないので、私たちはコモデ...
ビジネス書

戦略がすべて 瀧本哲史 要約

はじめに どの世界にも各々のルールと成功の方程式が存在する。無駄な努力を重ねる前に戦略を手に入れて有利に事を運べ。 本書は「僕は君たちに武器を配りたい」がベストセラーとなった著者が社会の諸問題を緻密に分析し、我々が取るべき選択...
ビジネス書

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」安宅和人 要約

はじめに 圧倒的に生産性の高い人に共通することは、目的地となるイシューを見分けること。目的地が見えないと、活動が辛くなる。行き先が見えれば力が湧く。 このイシューが知的生産において、どんな役割を果たし、どのように役立つのか、イ...
ビジネス書

これからの世界をつくる仲間たちへ 落合陽一 要約

プロローグ「魔法をかける人」になるか、「魔法をかけられる人」になるか テクノロジーが進化していくによってコンピュータを使いこなしていける人と、いけない人の格差は益々広がっていく。コンピュータを扱える能力というのは特別ではなく、教養と...
ビジネス書

死ぬこと以外かすり傷 箕輪厚介 要約

はじめに 著者は幻冬舎編集者で数々の書籍を編集したり、オンラインサロンを主催したり、既存の編集者の枠を超え、様々なコンテンツをプロデュースしている経験から、閉塞感のある世の中をブチ抜いて、ポジティブに未来に向かって生きていくことがい...
ビジネス書

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015知的人生設計のすすめ 橘玲 要約

はじめに 本書はロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」のベストセラーを受けて30万ものベストセラーになりました。「金持ち父さん」の方はアメリカの法人を前提としていますが、「黄金の羽根」は著者が「金持ち父さん」の疑問を踏まえて...
ビジネス書

仕事ができる社員、できない社員 吉越浩一郎 要約

はじめに 本書はトリンプ・インターナショナル・ジャパンという会社で19年間、経営者として見てきたできる社員とできない社員は何がちがうのか、ではどうすれば仕事ができる社員になれるのか、その方法を解説しています。 一章 こんな考え...
ビジネス書

仕事は楽しいかね?2 デイル・ドーテン 要約

はじめに 仕事は楽しいかね?でマックス・エルモアに向上するには「変化が必要」と教えてもらった主人公はその後成功を手にした。しかし、思った以上に出世してしまって困惑したので再びマックス・エルモアに相談しに行くというストーリーです。本書...
タイトルとURLをコピーしました