広告
ビジネス書

七つの習慣 スティーブン・ R ・コヴィー あらすじ

はじめに 本書は30ヶ国語に翻訳され3000万部のベストセラーで今なお売れ続けているKing of 自己啓発本です。ビルクリントンやガンジーの孫、多くの有名企業の社長などが讃えています。著者がIBM 社のマネジメント能力開発...
ビジネス書

あなたのアクセスはいつも誰かに見られている 小川卓 あらすじ

はじめに ネット検索していると横の広告に自分の好みの商品の画像が出てきます 。Amazon 、楽天、ヤフーショッピングなどで買い物しようとするとあなたにお勧めとか出てきます 。YouTube でも好みかもしれない画像が出てきます。こ...
ビジネス書

第五の権力 Google には見えている未来 エリック・シュミット ジャレット・コーエン

はじめに インターネットは世に出てまだ時間が経っていません。なので人間がその手でつくっておきながらまだ十分に理解できていません。無数のウェブサイトが存在して有益な情報もあればいじめや差別、暴力、ポルノなど一つの箱の中に無法空間が広が...
ビジネス書

鈍感力 渡辺淳一 あらすじ

初めに 鈍感という響きが「鈍い」「動きが遅い」など負のイメージだが現代社会を生きていく上で敏感さが求められるが、そればっかりだと体も心も疲れきってしまう。人生は長いし、苦しいこと、辛いこと、失敗することなど色々あるのでそんな時に鈍感...
ビジネス書

脳に悪い7つの習慣 林成之 あらすじ

はじめに 脳は気持ちの持ちようで良くも悪くもできます。私たちは脳にとって何か良いか悪いかわかっていません。なので悪いことをやらないだけで脳は良くなります。脳トレなどは必要ありません。脳神経外科医や救命救急医療で特に脳内のパフォーマン...
ビジネス書

おとなの教養 池上彰 あらすじ

初めに 現代の教養をさらに深掘りして過去、現在、未来を通して自分を知り、リベラルアーツを身につけます。2011年3月11日東日本大震災で福島の原発報道で放射能の単位でベクレル、シーベルトという単位がよく出てきましたが、放射能の単位の...
ビジネス書

1日を26時間にする最強の時間活用術 ヴィンス.パネラ あらすじ

始めに 私達の集中力を乱し、時間をむだにする習慣は、13種類もある。これがキラー13(サーティーン)だ。ここでむだにしている時間を半分にするだけで、多くの時間が増えるのだ。キラー13とは、「1.邪魔な用件」「2.先延ばしの習慣」「3...
ビジネス書

お金持ちよりも幸せになれる方法 ロバートシュラー あらすじ

はじめに もしもお金持ちだったら幸せになれるのになあ。もしも~だったらが全て実現したとしてもそれで幸せになれるという保証はどこにもないです。というのも望んでいたものを手にしてもそれによってまた新しい欲望が次々と出てくるからで...
ビジネス書

誰もが幸せになる一日3時間しか働かない国 シルバーノ・アゴスティ あらすじ

主人公は飛行機の機械トラブルでキルギシアという国に寄港しなくてはならなくなった。このキルギシアという国はどんな職でも1日で3時間以上が働く人はいませんでした。残りの21時間は自由な時間でした。しかし給料はしっかり出るし生産力は3倍...
ビジネス書

忘れるが勝ち!外山滋比古 あらすじ

はじめに 忘れるが勝ち!前向きに生きるためのヒントというタイトルで自己啓発、How to物を想像すると、本来の内容は吸収できません。というのもエッセイ風の文体で哲学的な内容なのです。予め知っていないと初めから意味が分からなくなって本...
タイトルとURLをコピーしました